知らないことが沢山ある不動産業界だからこそ知っておきたいこと

有効的な方法

緑の多いマンション

 任意売却とは、住宅ローン等を払えなくなった場合において、融資を受けた金融機関等の同意を得て、他の購入者に住宅を売却する事です。通常不動産を売買するときは、ローン等の債務が残った状態では売却できず、売却するときには、残った債務を一括で返済してからでないとできません。しかし、様々な事情によりローンの返済が困難になった人にとって、残りのローンを一括で払うのは無理があります。そうかといって、支払いが滞ると、いずれ競売に掛けられてしまいます。そこで、出てくるのが任意売却という方法です。  任意売却は、債務が残っていても不動産を売却する事ができ、その代金の中から債務を返済することができます。債務を整理して新たなスタートを切るのに、任意売却はとても有効な方法です。

 競売も任意売却と同様に、不動産を売却して、売却代金から債務を支払う方法です。しかし、両者は大きく異なる所があります。任意売却は競売に比べて以下のようなメリットがあります。  第1に、競売に比べて売却代金が高くなることが多いです。競売は市場価格の6〜7割程度になるのに対し、任意売却は、市場価格に近い価格で売却できることがおおいです。結果債務に充てられる額も多くなります。  第2に、競売に掛けられると近所に知られてしまう可能性が高いのに対して、任意売却は、特に知られてしまう危険性がないという事です。  第3に、競売は落札後、立ち退きを迫られたりするなど精神的な苦痛を伴いますが、 任意売却では、日程等も購入者との交渉できるので、そのような心配はないです。  また、残債務も金融機関との交渉で無理のない返済計画を立てることも可能です。さらに、親子間売買等で、家を売却してもその家に住み続けることが可能になる場合もあります。  競売と比べて、様々な面で任意売却はメリットが大きいと言えます。